マイルを貯めて無料で沖縄旅行 

ANAマイル|LINEポイントのメトロポイント交換終了!今後は東急ルート(TOKYUルート)で75%還元

LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日に終了します。

LINEポイント改悪の概要と今後ANAマイルを貯める上での交換ルートを紹介します。

結論から言えば、これまで81%の割合で貯めたポイントをANAマイルに移行できていましたが、12月27日以降は75%でANAマイルに移行することになります

LINEポイント改悪の概要

LINEポイントの交換先が減少します。

改悪の対象となったのは以下のポイント。

  1. dポイント
  2. nanacoポイント
  3. メトロポイント
  4. ベルメゾン・ポイント
  5. JALマイレージバンク
  6. Amazonギフト券
  7. Pontaポイント
  8. 選べるe-GIFT

この中でもANA陸マイラーにとって影響が大きいのがメトロポイントへの交換ルートが消えるということ。

今まではこんなルートでポイ活で貯めたポイントを交換してきました。

この中で、LINEポイントからメトロポイントへの交換ルートが消えることになります。

メトロポイントへの交換ルートが消滅

LINEポイントからメトロポイントへの交換ルートを使っていたのも、それしか選択肢がなかったからです。

振り返れば、これ以前はドットマネーやpexから直接メトロポイントへの交換が可能で、ANAマイルへの交換倍率が0.9倍でした。

2018年4月ごろに、メトロポイントへの交換ルートがなくなり、選択肢としてはLINEポイントしかなくなります。

LINEポイントからメトロポイントへの交換で0.9倍になるので、トータルの還元率は0.81倍。

0.9倍には劣りますが、当時はそれでも次点がnimocaルートの0.7倍なのでLINEポイントルートは重宝されていました。

しかし、12月27日以降はメトロポイントへの交換でめぼしい方法がなくなります。

ハピタスからGpointに交換できるようになってルートが簡略化されてよかったーと思っていた矢先の出来事・・・。

こうなってくるとソラチカカードの存在意義がなくなってきます。

東急ルートで0.75倍

LINEポイントルートが使えなくなると、候補に挙がってくるのが東急ルートです。

注意点としては、

  1. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOというクレジットカードが必須
  2. クレジットカードの年会費が2,000円(減額可能)

この2点です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOがないと交換倍率が50%になってしまいますのでご注意ください。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOについて解説

 

カード名称 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
国際ブランド Mastercard
年会費 2,000円+税(初年度年会費無料)
割引特典利用後年会費 751円+税
締め日・支払い日 15日締め翌月10日払い
還元率 1%

公式サイト:ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO

年会費はもともと2,000円+税ですが、マイペイすリボとWEB明細の設定をすれば751円+税まで下がります。

カード更新時に1,000ポイント(750マイル)もらえるので、マイルを等価で買ったと思えば割安です。