年間10万マイル以上のANAのマイルを貯める裏技公開中!

PancakeSwapでBNBをトークンに交換できない?解決策まとめ|ZOON・TrustWallet

PancakeSwapを使っていてトークンに交換できなかったことはありませんか?

私は、BNBからZOONに交換する過程で下記のようなエラーが出て交換できないことがありました。

一応解決したので、その解決方法をまとめておきます。

BNBからZOONに交換できない原因

エラーメッセージを見る限り、交換できない原因は2回も出てきているgasということは想像がつきます。

gasとは、取引にかかる手数料のことで、概ね0.5$程度のことが多いのですが、内容によって異なります。

BNBとZOONの取引の場合は、さらに多くのgasがかかりますが、設定されたgas limitを超えているため取引ができないということでした。

gas limitの変更方法

ただ、問題なのがgas limitの変更をどうしたらいいのか?ということ。

ネットで検索していると、gas limitを任意の数字に変えている画像を見かけますが、少なくとも私がエラーメッセージをうけとった段階では数値変更できる箇所はありませんでした。

あるのは設定画面のみ。

結論から言えば、

これを

こうしたらいいだけでした。

  • GWEIを5から6に
  • Slipping Toleranceを0.5%から5%に

この設定を行うと、結果的にgas limitが飛躍的に上昇し、BNBからZOONに交換できました。

GWEIとSlipping Toleranceの関係

Gweiとはガス代の構成要素の1つであり、Gas Priceの単価として用いられるとのこと。

また、

ガス代=Gwei×仕事量で求まるらしく。

gas limit > Gwei×仕事量 の場合のみ取引が成立すると仮定すると、GWEIを5から6にするのは意味があるのは理解できる。

しかし、なぜSlipping Toleranceが関係するのだろうか。

Slipping Toleranceとは、約定価格が現在価格よりどこまで乖離することを許容できるか?という指標である。

例えば、ドルを円に換える場合、現在価格が100円/ドルだとすると、Slipping Toleranceが0.5%の場合は99.5円~100.5円まで価格が変動しても取引を成立させるというもので、これが5%の場合は、95円~105円ならば許容するというもの。

gas limitはあくまでも手数料の許容量であり、Slipping Toleranceは約定価格の許容範囲だと思うのだが、なぜ関連するのであろうか。

もしかすると、gas limitというエラーが出ているが、実際は表示価格と約定価格が0.5%以上ズレているためにエラーとなったのだろうか。

また進展があれば更新したい。

まとめ

なにはともあれ、GWEIとSlipping Toleranceの数値を変更すれば取引自体はできるため、参考にしていただければ。

  • GWEIを5から6に
  • Slipping Toleranceを0.5%から5%に